落ちない岩にご案内

ずっと サボってしまった緑研日記!お久しぶりです。

とりあえずは、満月が可也山に早朝沈むと言う、滅多にない現象!

IMG_1519

1月17日早朝のこと、満月が煌々と光耀きながら、前方の可也山に

沈む現象に遭遇。シャッターチャンスとばかりカメラに収めました。

満月の大きさにも感激です。当社から日々変化ある夕陽を拝めます。

DSC02141

夕陽の太陽よりも、満月が大きいのにも感激!

DSC02146

 

既にセンター試験・高校受験も終わるのですが、周船寺からの

ウオーキングで県道怡土線を怡土方面に行くと高来寺バス停手前

から、高祖山登山道へ左に入り山へ入ります。遊歩道の看板あり。

IMG_1583

登って行くと・・・県道横の豪華な邸宅の庭園には

IMG_1580

大きな水晶の岩が見えますよ。しかも三石!しかも!です。

もっと登ると首塚の看板。この首塚は元寇兵士の首を埋めた塚。

九州博多を攻めた元寇!日本防衛の為に戦った鎌倉時代の侍達。

高祖山に城を構える原田勢も果敢に戦い。勝利しました。

CIMG2375

憎むべき敵・元寇といえども、戦った兵士にたいする畏敬でしょう

地元の方々が花や水を供えて、祀っているところです。

IMG_1578

 

そこから暫く尾根を登ると、第五望楼跡 吉備真備築城の一部。

IMG_1575

尾根ずたいに上ると、第五望楼跡など~次々と望楼がありますが

その第五望楼跡から、約20m程度登ると、大きな岩が出現!

IMG_1558

この岩こそが、神功皇后伝説「鎧干しの大岩・ひおどし岩」

十数年前までは、まん丸い大岩は尾根から転げ落ちそうな姿。

大阪造幣局に保存されていると言われる絵図にも、載ってます。

緋脅岩

絵図画像を拡大すると、左上に「ヒオドシ岩」の文字があり。

 

高来寺集落に転げ落ちていく可能性が大きいとの判断で、県が

コンクリートでがっちりと支える工事をしてしまいました。

この大岩 絶対に落ちません! 合格祈願の代表格!

IMG_1562

右下に、私が立っています。その大岩の周りには引っかかった

石が数石あり、受験生の落ちない祈願には最高!です。

IMG_1570

この大岩の上には、上がるな!危険!とあります。滑ります!

IMG_1569

落ちない大岩に祈願に来て、滑ったらアウト!ですからネ。

カメラの三脚を差し出して、上からの眺めを撮りました。

IMG_1568

最近は樹木が茂りすぎて周りが見えません。第五望楼跡周りも

まったく茂みの中で望楼の役目をしていない状況です。

この大岩で、受験成功の祈願をして、尚更その祈願を濃ゆく

するならば、尾根伝いに高祖山までのぼりましょう。

I ♡ TOSHIMA メダル

高祖山頂上の山ナビボックスから木札(上)をゲットして

髙祖神社方面に下山して神社で今一度、合格祈願です。

全て神頼みでの合格は無理!やっぱり受験勉強が一番!

頑張ってください!

 

こちらは仕事の話です。

糸島市発注の浦志南北交通広場植栽工事を落札。

DSCF3730

1月当初から着手した糸島高校前駅の植栽工事が終わりました。

3月7日が竣工検査です。

IMG_1539

IMG_1540

駅北口広場には、ロータリークラブとライオンズクラブ共同で大時計を

寄贈しています。時計の基礎確認等に次期会長達が来ました。

IMG_1542

クレーン作業での建て込みです。

IMG_1547

三方から見える電波時計が立ちました。

IMG_1592

はるか右先の山に見えるはがね山(写真右下)が電波塔の山です。

すでに正確に時刻を刻んでいます。

そして、この駅は3月16日から営業を開始します。

 

 

松永啓志郎

 

 

 

2019年3月7日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>