髙祖神社ヒノキ伐採

IMG_0185

昨年の夏から枯れ始めた神社拝殿横のヒノキが伐採されました。

樹齢100年か150年?と推察されるこのヒノキは手水舎側へ傾く

大木のため、当社は伐採をお断りしました。

神社総代関係者協議の末、伐採専門業者おおつかガーデンさん

に委託されました。

CIMG3792

御神木的な感じの大木です。まずはお祓いをします。

CIMG3793

さすがに伐採専門業者です。手順よく作業に入ります。

以下、順次、絵を並べましょう。

IMG_0205

IMG_0209

CIMG3816

IMG_0218

CIMG3825

IMG_0222

一本梯子と、その上の樹木本体に切り欠きを作り、足場にします。

いよいよ、根際でのカットですが、大きなチェンソウが唸ります。

 

CIMG3836

手水舎の正面に切株が見えます。

IMG_0237

その切株表面の形が九州の地形に似ているように見えますが?

IMG_0238

左側が鹿児島大隅半島。右側が九州北部。

腐朽穴が真ん中にあれば、熊本阿蘇の火口かな?

みんなで「そだね~」「そだね~」と流行語で評議中・・・

IMG_0232

そして、これが一本梯子から上の足場の切口です。

IMG_0239

最後に、やっぱり記念撮影ですね。赤ジャンバーが私です。

IMG_0234

IMG_0235

安全作業で事故もなく、伐採後は奥行きが広く感じ、危険回避

も出来て、26日の高祖神楽を安心して迎えられます。

おおつかガーデンの皆さんありがとうございました。

お疲れ様でした。

 

今回はお断りしましたが、実は2014年には、糸島市の保存樹木

ケヤキを当社は伐採しています。

IMGP7902

手前の落葉した樹がそのケヤキです。樹齢500年の大木です。

RIMG0074

倉庫と母屋の間に立つケヤキは根元の腐朽が進み危険な状態。

RIMG0071

横向きスナップ写真で申し訳ありません。腐朽状況です。

RIMG0083

バランスの悪い樹形なので先ずは母屋に掛かる大枝のおろしから

RIMG0094

危険な足場状況のため吊ったゴンドラに乗ってチェンソー作業。

IMGP7944

伐倒木カット面の前で記念撮影。三人(真ん中私)での作業です。

早送りでしたが、詳しくはアーカイブ2014年9月をクリック

して頂ければご覧になれます。

4年前、気力体力まだ満ちていましたが、最近めっきり落ちました。

年は取りたくないですネ!       松永啓志郎

2018年4月20日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>