2018年7月

  • DSCF3347

    30年7月3日日本海を通過した台風7号は糸島にもかなりの被害を

    残して行きました。怡土小学校センダン通りでは大木の大枝が裂けて、

    市道をふさぎ通行止の状態。

    市役所担当者からの要請があり、クレーンとダンプカーで駆けつけて

    一番吹き荒れた4時過ぎに作業。新聞社が来て、足を踏ん張りながら

    写真を撮っている横で、又、大枝が折れて落ちて来る危険な状況です。

    センダンは風に弱いので、その後も枝が折れてきて危険な中での作業です。

    そんな中、市役所担当者から電話があり、「南風台街路樹が倒れている!」

    此処は、取敢えず通れる状態にかたずけて、南風台へ走ります。

    ケヤキが根元から倒木しています。

    DSCF3354

    幹や枝葉は、まったく健康木ですが、地際から、きれいに折れて

    倒木しています。 地際を見ますと、ベッコウ茸で腐朽して全く

    幹にねばりけがなくスポンジ状態です。支柱で立っていたのです。

    DSCF3355

    街路樹などが突然倒れる事例が最近多く報告されていますので、

    怖いですね。

    台風一過。4日は晴天の一日。スマホで「ヤマップ」を見ると、

    ヤマップのヨーコさんが、高祖山に登ったとの情報。

    高祖山の木札を補充する為と、台風一過の山道の被害状況確認の為に

    IMG_0642

    一人で登られたとのこと、一人で行くのは危険ですけどネ。

     

    その後の西日本は、西日本豪雨に見舞われます。

    新聞・テレビで報道される状況は、被災された皆さんには言葉が

    ありません。 200数十名の方が犠牲になられ、多くの人が家を

    失い。避難生活を余儀なくされています。

    心よりお見舞い申し上げます。

     

    糸島でもこの豪雨で被害が多く発生しているなかに、14日には

    糸島ロータリークラブ有志メンバー7名と、高祖山に詳しい女性2人の

    応援を頂き、9名で高祖山山頂を目指すことにしました。

    先ずは、髙祖神社で公式参拝。お祓いを受けて出発です。

    IMG_0678

    途中の山道で、枯れた大木が横たわっています。

    大きいのでそのままにして、またがって進みます。

    山頂です。

    IMG_0665

    滅多にない澄みきった空のため、可也山の先、玄界灘まで見えます。

    加布里から来た渕上君と壇さんが自分の家を探しています。

    IMG_0669

    美人と一緒にカメラに収まるのが好きな松永啓志郎は早速!一緒に

    IMG_0673

    そして、集合写真は山頂で出会った方にお願いして、パチリ!

    IMG_0662

    やっぱり訓練不足で酷暑に山登りは、キツカ~!

    それでも頂上での達成感と涼風は何よりのご褒美ですネ

    もう一つのご褒美は、やっぱり高祖山の登頂記念の木札です。

    山頂に掲示されている高祖城城主・原田の殿様にお別れを言って

    IMG_0661

    無事に下山しました。

    途中でお逢いした、平戸からお見えになった上品な女性の方は

    ヤマップを見て、高祖山の木札を頂きに一人で来られたそうです。

    ヤマップの効果絶大です。

    3月11日山の日のイベントに是非ともご参加を・・・と言って

    ますので、来られるとおもいます。

    しかし、暑かですね~

    暑中お見舞い申し上げます。

    松永啓志郎

     

  •  

    IMG_0549

    IMG_0555

    IMG_0560

    平成30年7月1日この夏を健やかに過ごすことができますように

    髙祖神社では、夏越祭が行われました。

    ひととうりの祭典が終わり、今回はシンセサイダーでの演奏を

    幣殿から御本殿へ奉納されました。

    IMG_0603

    シンセサイダー奏者は、高祖に惚れ込んで秋月から移住された

    今井てつ さん。

    自然農を志して田舎暮らしを経験される中で40歳の時、突然に

    ピアニスト宣言!小さなスペースから寺社やホールまで、様々な

    場所で即興演奏活動を続けておられ「ピアノと遊ぶ、音のままに」

    をキャッチフレーズに、繰り出される音は、その時・その場だけの

    もの。

    日本の童謡をイメージさせるようなメロディーは光や水。森や風など

    様々な自然を浮かび上がらせる演奏スタイルです。

    IMG_0605

    IMG_0606

    IMG_0607

    IMG_0604

    まさしく神に奉納するに相応しい凛とした音色と神殿に流れる曲は

    幣殿から御本殿へ、そして拝殿へと初夏の風に乗って境内へと流れ

    曇り空から差す太陽の波を漣として響き渡る・・・素晴らしい演奏

    を奉納して頂きました。

    全てが終わり、御神酒を宮司自らの手で頂きました。

    IMG_0609

    IMG_0611

    鳥居に取り付けられた茅野輪では、親子ずれの方達が輪くぐり

    して、夏越の祈念をされています。

    IMG_0617

    IMG_0615

    お参りの皆さん達、この夏を健康で過ごされることでしょう。

    又、拝殿では、夏越祭の直会が車座になって行なわれました。

    IMG_0618

    この直会が髙祖神社の総代や行政区・農区役員の結束を固めます。

     

    処で・・・ 8月11日は、高祖山・山の日のイベントを行います。

    怡土の山にのぼろう会のメンバーは、怡土公民館でその日の為木札

    (山の日の特別な木札)作りにいそしんだいます。

    木札作り状況

    怡土の山にのぼろう会PRハガキ

    高祖山登山! 暑い中での山登りイベントです。

    皆さん是非ご一緒にチャレンジして当日限定の木札をゲットしましょう。

    抽選で○○もゲット!

    松永啓志郎