2017年2月

  • 昨年度から継続事業として行っている、抵抗性黒松の植栽を

    2月18日に行いました。  天気晴朗なれど波髙し!

    冷たい海風が吹き付けるなか、クラブ会員が元気に植栽!

    CIMG2392

    CIMG2398

    近くにあるこの煙突は、製塩場のカマ跡です。

    すっかりと枯れた松原に、多くの各団体のメンバーが植栽しています。

    その団体の一員として、糸島ロータリークラブも加入しています。

    CIMG2378

    CIMG2379

    CIMG2390

    この松が大きく成長して防風や防砂などの役に立つ日は遠くても・・・

    スタートを切らねば始まりません。気長に行きましょう。

    CIMG2380

    後方の海に行きますと、黒々とした丸い石がゴロゴロと波に洗われています。

    CIMG2397

    遠方に見える山の右手が、芥屋の大門です。柱状節理の玄武岩洞窟です。

    その玄武岩が地球の永い歴史の過程で剥離し壊れて波にもまれて丸くなり

    この海岸を埋めつくしています。 ここは、黒磯海岸と呼ばれています。

    CIMG2395

    東方に火山がみえますが、黒磯海岸の先は美しいニギの浜です。

    サーフィンを楽しむ若者(50代の方も)が、楽しんでいます。

    そんな素晴らしい糸島の海岸を再生させたくて頑張っています。

    松永啓志郎