Green Importantly
“緑を大切に”をモットーに。潤いのある街づくり

我々業界においては、グリ-ンライフに対する理解と興味はますます大きくなって行くように思われます。
それは,自然を愛し,緑との共存を願うゆとりある人間性を求める心が大きくなっているのではないでしょうか。

緑多い生活環境を作り魅力ある地域社会を創造するために、【緑を大切に】を当社のモット-として、
潤いのある街づくりを緑化関連事業をとうして社員一同努力邁進致します。

kojin.jpg

inshoku.jpg

  • IMG_1284

    当社県道横の柿が沢山実をつけました。友人に持って行ったり

    クロネコヤマトで送ったり、我が家は大根とアサズケで美味しく

    頂きましたが、朝倉の樹木医・古賀氏から頂いた柿は、大きくて甘くて

    特産地の朝倉柿は、やっぱり美味いですね。感謝です。

     

    11月末になると「喪中欠礼」のハガキが届きますが、寂しいですね。

     

    只今 各家庭の庭園樹木の剪定作業で多忙です。

    知人から、剪定の依頼が入りますが、今まで来て頂いた庭師が高齢で

    来れなくなったので、お願い!との依頼です。

    当社も年末まで、お得意様の作業で一杯のためにお断りしています。

    この業界も高齢化が問題です。後継者を作らないとお客様に迷惑かけます。

    剪定作業で各家庭え出向いています。こちらは楓の品種が色々な庭園。

    IMG_1346

    寺院の庭園管理は、年間管理で年末は松の古葉かきなどすること等が多く

    高祖の金龍寺は仕事がかり前に黒田長政公の次男「黒田甚四郎正冬公」の

    墓前に挨拶して作業を始めます。金龍寺は黒田家の凖菩提寺なのです。

    因みに甚四郎正冬公は、桜井神社建立・黒田忠之公の弟です。

    IMG_1428

    IMG_1432

    剪定作業に加えて、別荘の移植作業も加わって、スケジュール調整

    が厳しい状況ですので、休日返上でやらないと歳が開けません。

    糸島の貸し別荘・瑞梅寺苑のお庭です。

    IMG_1403

    IMG_1405

    夏に作った池の周りに楓・椿など。茶花なども植栽しています。

    IMG_1402

     

    そんな中にも、久留米での牟田山中学時代の同窓会には参加・・・

    IMG_1339

    IMG_1341

    久留米に行ったついでに、寺町遍照院の茶庭を訪問しました。

    IMG_1307

    外露地の池を照らす水蛍型燈籠は、茶庭に似合う燈籠です。

    IMG_1327

     

    糸島・怡土小学校の持久走には孫の応援とスナップ写真撮りに!

    IMG_1351

    良く頑張って40位でゴールしました。

     

     

    そのあくる日の日曜日は、怡土校区文化祭。

    香椎宮筝曲保存会からの特別出演がありましたので出かけます。

    IMG_1377

    袖で筝曲を聴く中学生のブラスバンドメンバー

    IMG_1389

    糸島市からは、生活環境課からゴミ減量キャンペーン

    IMG_1382

    クイズ形式のキャンペーンで賞品も頂けるため人気。

    IMG_1381

     

    怡土校区遺族会は解散のための忠霊塔の御霊終いなどの会議で多忙。

    IMG_1413

    昭和27年に建立された忠霊塔は霊室コンクリ-ト部の劣化が見られ危険!

    と共に、遺族会会員の高齢化と共に役員の引き受けてがいなくて

    数年前から解散の声があがっていました。

    天皇陛下の御退位に併せて、解散をすることに決定し、御霊終い式典から

    解散式の日程等の打ち合わせをかさねています。

    そんな折、福岡県遺族会大会があり福岡市民会館にて、古賀 誠 会長から

    表彰を受け、解散しずらい気持ですが、粛々と解散にむけて進めています。

    DSC_0258

    IMG_1408

     

    当社県道横の植木溜めの楓もそろそろ色褪せて師走を迎えます。

    IMG_1400

     

    新春登山・元旦の高祖山登りには多くの登山者を迎えることに

    なりますが、山頂の「山ナビボックス」から登山者の皆さんに

    登山記念として持って帰って頂く木札作りも忙しい!

    しかし、楽しいボランティア活動です。

     

    12月6日怡土公民館での作業が終わった元気な皆さんです。

    1544078754132(1)

    平成31年新春特別バージョンが机上に並びました。ご期待ください。

     

    追伸 12月16日は福岡県緑化センタ-(久留米市田主丸)で緑の教室

    「日本庭園の基礎知識」を講演します。

    松永啓志郎

  • RC日本庭園のチラシA修正

    講演会時間オーバで皆さんに迷惑かけました。

    伊都文化会館での開催は和室で行いましたので、アンケートの回答では、

    和室は足が痛く、次回は、是非洋室でとのご意見を頂きました。

     

    皆さん、受付時間厳守で参加して頂きました。

    受付担当は、糸島ロータリークラブ社会奉仕委員会の浦本愛彦理事が努めます。

    IMG_1523

    IMG_1521

    造園プロの方々・樹木医の先生、一般主婦の方達など募集定員25名に28名の参加。

    ロータリアンが6名参加して、総数34名で和室満杯での講演会です。

    IMG_1524

    司会の挨拶から、会長挨拶 そして、順次 講師紹介とすすみます。

    IMG_1526

    IMG_1528

    IMG_1529

    講師紹介を受けて、日本庭園の歴史 そして和風庭園へ の講演は2時間の予定です。

    IMG_1535

    一度は行ってみたい日本庭園 などを抜粋して紹介し、講演を進めます。

    築山庭造伝後編・離島軒秋里の記述を見てみましょう。

    IMG_0445

     

    竜安寺

    江戸時代の築山庭造伝 の記述では、竜安寺石庭は、竜安寺油塀の後方は

    松林が描かれていますが、現在は上記写真のように、枝垂れ桜など広葉樹。

    又、当時の造園作業で使用していた道具など

    IMG_0472

    現在は、高枝ハサミとして使う道具は、この時代突きハサミを使用しています。

     

    太宰府の 光明禅寺・重森三玲氏作庭の石庭 や伽藍石の手水鉢など紹介。

    CIMG1178

    光明禅寺の前庭も重森三玲氏の石組です、近場ですので見学されたら。

    CIMG1173

     

    江戸時代の縁先手水鉢の構えなどは、離島軒秋里の石組園生八重垣 から

    縁先手水鉢の構え1

    江戸時代の庭の様式や生活風情がわかる図絵は、菱川師宣の余景つくり庭の図

    などの資料を使って説明します。

    IMG_0484

    江戸時代の庭の様子など見てみると、庭に草花を多く植えています。

    そんな話を進めさせていただきますが・・・

     

    IMG_1532

    カエルが出て来て途中休憩の予定が前半長引き、カエルが出てくる前に休憩。

    DSC03043

    大堀から大濠公園化の成り立ちなどは、マリリンモンローまで登場します。

    CIMG3594

    大濠公園の日本庭園は、昭和の小堀遠州 といわれた中根金作氏の設計です。

    IMG_1140

    IMG_1148

    庭園の手法は、平安朝末期の作庭記 に記された技法を随所に取り入れた庭。

    一度ご覧下さい。松の手入れも見事です。見応え充分!入園料¥240-は安い!

     

    久留米市石橋文化センター日本庭園の豪快な瀑布は自然の中の涼感!タップリ!

    IMG_1043

     

    今回の講演会は、パワーポイント作成から、当日までリハーサル時間がなく、

    どれくらいの時間で講演が進められるのか、おおまかな時間配分が見事に外れ、

    予定どうりに進めず後半は、スピードアップしての講演で申し訳ありませんでした。IMG_1537

    閉会で当会員の通山君がユーモアを交えて挨拶してくれて、約3時間の講演会。

    次回の講演は、決まっていませんが、行うとなれば、しっかり準備します。

    反省!です。

     

    この夏、恒例の国家造園技能検定試験がありましたが、10月中旬に発表が

    ありました。

    夏の暑い季節での国家検定試験ですが、受験生の皆さんは頑張っての挑戦でした!

    IMG_0850

    西日本短期大学・二丈キャンパスでの検定状況です。

    IMG_0866

    IMG_0863

    久留米会場での、合格発表の結果は、学科合格は100%。実技93%でした。

    学科試験の講習を担当した私としては、100%合格されたことで、一安心です。

    しかし、学科試験は、個人各位の日頃からの勉強ですからネ・・・

    実技100%に至らなかったことえの反省会を樹芸連メンバーが原鶴温泉で行いました。

    IMG_1254

    この後、緑化センタ-へ立ち寄り樹木医・原田先生作品のカラス除けの青大将

    に遭遇して、ビックリです。

    IMG_1256

    本物そっくりの青大将にカラスもビックリでしょう。

    松永啓志郎

     

koen.jpg

kinen.jpg